K3 のすべての投稿

レクチャーコンサート(10/15)残席あります!

イタリアから4年ぶに来日するクラウディオ・アストローニオ氏によるレクチャーコンサート、「W.フリーデマン・バッハの時代、作品と演奏様式」、予約受付中です!!


 チェンバロ・オルガン奏者であると共に、自身が結成した「ボルツァーノ・バロック・オーケストラ」の指揮者として、また最近ではジャズ歌手とのクロスオーバーCDをリリースするなど、多彩な活動を繰り広げている方です。

一昨年、フリーデマン・バッハのチェンバロコンチェルト全集をリリースし、ソロ作品のレコーディングも進行中の彼にとって、フリーデマンは今最もホットな作曲家でしょう。

レクチャーではフリーデマンだけでなく、多感様式の代表として大バッハの次男、カール・フィリップ・エマニュエルの作品も併せて演奏してくださいます。

どうぞこの機会に是非、アストローニオ氏の演奏を聴きにお出でください!

10月15日(月) 11:00開演~13:00終了予定
会場: 古楽研究会Space1F
入場料: 3500円 (古楽研究会会員・賛助会員・会友 3000円)

予約申し込みは古楽研究会まで。
Tel. 03-3530-6224

修辞学講座終了

9月30日、台風が接近する中、藤原一弘氏による音楽修辞学の講座が終了しました。



昨年の講座同様、非常にわかりやすく、尚且つ楽しい内容、そしてバロック音楽を演奏する上で忘れてはならない多くの重要な要素を知ることができ、なんとも充実した時間でした!

ルネサンスからバロックの音楽を演奏する際、知的アプローチがいかに大事かを再認識。
この時代のヨーロッパ音楽の美学とは、「変化に富んでいる」ということ。

つまりVarietas=多様性
多様性こそが美
そして美とは、正しいこと、本物であること。

修辞学のフィグールを知ることにより、「普通を超えたもの」に敏感になれる。
バロック時代までの音楽家や知識階級が持っていた、現代の我々とは異なる「共通の基盤」。
これを知らずして、当時の音楽が持っている美を表現することは難しい。

今まで見落としていたかもしれない多くのヒントが、楽譜には隠されているのかもしれません。

コンサート情報 ステファノ・バリアーノ リコーダーリサイタル








掲載チラシのコンサート情報が届きました。
古楽研究会会員、賛助会員、会友の皆さんには、チケットの割引がありきす。
会員、賛助会員、会友の別と氏名を言っていただき、下記までお申し込みください。

【お申込み、お問い合わせ】

カルローネ株式会社

TEL/FAX. 03-3450-4520 [月‐木/9:30~12:30]

〒108-0075 東京都港区港南3-6-21-3404・コスモポリス品川

carlone.info@gmail.com

carlone.co.jp

修辞学の話をわかりやすく!

古楽研究会主催、秋の特別講座のお知らせです。

9月30日(日) 午後2時~午後5時
古楽研究会Space1Fにて。

講師: 藤原一弘氏(音楽学)
テーマ: 「続・音楽と修辞学」

受講料: 古楽研究会会員 2500円  一般 3000円
お申し込み、お問い合わせは古楽研究会まで。 https://www.origoetp.gr.jp/


ルネサンス末からバロック時代の作曲家は、修辞学を作曲上不可欠なものとして音楽に取り入れました。
音楽と修辞学の関係を理解することは、演奏家にとっても当時の作曲家の意図を知り、演奏に活かすため欠くことのできない知識です。
昨年開催された講座では、作曲家が修辞学をどのように作品に取り入れたか、豊富な譜例と共に具体的にとてもわかりやすく解説いただきました。
講座終了直後から、出席者の「是非続編を!」という声にお応えして、今回第二回の講座が実現しました。
前回聞き逃した方も、どうぞお聞き逃しなく!

この秋は古楽研究会Space1Fへ!!

お盆休みで帰省された方、夏休みを取って旅行に行かれた方も、そろそろ日常に戻りつつある時期でしょうか。

秋からの催しに少し変更がありますのでお知らせします。
9/30「オリゴの秋」は初・中級受講者の皆さんの発表会が延期になり、特別講座のみの開催です。
お待ちかねの、音楽における修辞法のお話の続編。
14:00~17:00の予定で開催します。

10月にはイタリアから、四年ぶりにクラウディオ・アストローニオ氏が来日します。
10/15はレクチャーコンサートで、テーマは「W.F.バッハの時代、作品と演奏様式」。
W.F.バッハのチェンバロコンチェルト全集をリリース、現在ソロ作品の全曲録音プロジェクトが進行中のアストローニオ氏による多感様式の世界、どうぞお聴き逃しなく!!
10/16は公開マスタークラスを開催。

そして昨年から続けている東日本大震災チャリティコンサートも、8月は夏休みをいただきましたが9月から再開します。毎月第3土曜日の午後の開演♪♪
こちらも皆様お誘い合わせの上、ご来場をお待ちしています。

古楽研究会のブログがスタートします!

皆様、暑中お見舞い申し上げます。
猛暑に加えてロンドンオリンピックで、睡眠不足の毎日でしょうか?

このたび、新しくオリゴのブログがスタートします。
コンサートや講座、オリゴ主催の色々な催しをはじめ、新着情報をこのブログでいち早くご紹介していく予定です。

それ以外にも、私達の日常の活動やちょっとしたエピソードなどをお伝えしていきますので、どうぞご注目ください!

さて来月には恒例の「オリゴの秋」(9/30)を開催します。
レッスン受講者の皆さんの発表会に特別講座。
講座のゲストは昨年に続き藤原一弘氏で、大好評だった修辞学講座の続編です。
どうぞお楽しみに!

そして10月にはイタリアからお客様がいらっしゃいます。
四年前にもおいでいただいたイタリアのチェンバロ奏者、クラウディオ・アストローニオ氏です。
レクチャーコンサートやマスタークラスを開催する予定ですので、詳細が決まり次第お知らせします。

それでは皆様、暑い夏を元気に乗り切って、秋の催しでお会いしましょう!!