K3 のすべての投稿

ヤリ・プハッカ氏来日レッスンのお知らせ

201505jarilesnflr.jp90

今年も5月17日(日)と19日(火)にレッスンが行われます。
プハッカ氏はフルート・ダムールの研究もされていて、博士号を取っているという事で、そのうちその辺りのお話もして頂けるかと思っています。まだ、レッスン時間に空きがございますので、ご興味があるかたはお知らせ下さい。

40年記念行事無事終了しました

3月29日に行われました記念行事「復活!名曲発見の会」皆様のご協力のもと無事終了致しました。
古楽研究会会報やアントレ5月号にも報告を載せておりますが、40年を振り返ると様々な事がありました。
創設者、鍋島元子が1974年に創設し1999年に没するまで、築き上げたこの会を、鍋島の強い遺志と、在籍会員メンバーの働きによって40年継続して参りました。

発表コンサート、展示、親睦会と、懐かしい顔ぶれ新しいメンバーが一緒になった忙しいけれど良い時間が流れた一日となりました。ご来場頂いた皆様、激励下さった皆様,本当にありがとうございました。
第1部コンサート出演者

松本記念迎賓館庭園

親睦パーティー風景

休憩風景

出演者とスタッフ

秋の催しのお知らせ『チェンバロ奏者の為の旋法入門講座』

古楽研究会の招待講師による講座が以下のように決まりました。
お知らせ致します。
2014桑形講座ol

『チェンバロ奏者の為の旋法入門講座』全2回
日時:9月13日(土)、10月4日(土) 14:00-16:00
場所:古楽研究会スペース1F
会費:2回通し 一般6,000円 / 会員・賛助会員・会友5,000円
(単発での受講は1回3,200円)
講師:桒形 亜樹子
お問合せ・申込 古楽研究会03-3530-6224 または origoetp@rk2.so-net.ne.jp まで
定員:各回30名 ご予約下さい

<講師からのレジュメ>
20世紀以降に生まれ、普通一般の音楽教育を受けた私達の耳は、意識せずに「長・短調」を基準に音列、音階を判断している事が多いのではないでしょうか。しかしヨーロッパのバロック以前の音楽を深く識るためには、旋法の概念を普通に持っていた作曲家達の耳に少しでも近づく事が必要です。数十年前に流行った(?!)フィクタを何もつけないほうが旋法っぽい、というような意見も実のところどうなのでしょうか?この講座では、まずは旋法の成り立ちのおさらいから始め、なるべく実践に結びつくように鍵盤曲例を多く取り上げ、皆さんと一緒に考える時間としたいと考えています。

講師プロフィール
東京藝術大学作曲科を経てデトモルト、シュトゥットガルト音大チェンバロ科卒。仏、セルジー国立地方音楽院等で教鞭を取る。パリ、ブリュージュ、ライプツィヒ国際コンクール上位入賞。現在東京藝術大学にて「古楽ソルフェージュ」担当、松本市音楽文化ホール講師。

AkikoKuwagata

オリゴの仲間になりませんか

今年で創設40周年のオリゴでは、随時チェンバロレッスン生&会員を募集しています。
鍵盤楽器は初めてという方、仕事をお持ちの方、主婦の方、そして専門家を目指す方も、夫々の目的とペースで学べるように、レッスンの形も各種用意されています。


家に楽器がないけれど大丈夫だろうか?という方には、練習室の使用もできますし貸し出し楽器の相談にも応じます。楽譜や資料、図書も完備しています。
どなたでも、いつからでも始められますよ!

レッスンの進度に応じ、オリゴの所蔵楽器の中から色々な様式に基づくチェンバロを体験することも可能です。



◎チェンバロレッスン各種

♪気軽に始めるなら・・・チェンバロ・プライベートレッスン
・一回ごとの予約制、マイペースで続けられます。
・1時間5000円
・入会金、月会費不要


♪専門的に学ぶなら・・・会員レッスン
・定期的なレッスンで、深く体系的に学べます。
・チェンバロ・ソロの他、通奏低音、アンサンブル、調律・メンテナンス、等
・入会金10000円
・月会費3000円(12ヶ月分前納の場合、一ヶ月分引き)
・図書費5000円(年間)
・レッスン受講料  チェンバロソロ初・中級:月四回、全四時間 20000円(追加レッスン一回=1時間5000円)
             チェンバロソロ中・上級:月二回、各三時間 20000円(グループレッスン)
             通奏低音初・中級:一回=1時間6000円
             調律・メンテナンスレッスン(当会専属技術者が担当します):一回=1時間 会員5000円 会員以外6500円 


♪まずは・・・体験レッスン
・試しに弾いてみたい方、お気軽に。
・1時間4500円から
・グループでの受講や楽器見学付きにも応じます。ご相談ください。




その他、来日演奏家による公開レッスンやマスタークラス、特別講座等、受講料・聴講料はその都度設定されます。


チェンバロに興味がある方、詳しく知りたい方、どうぞ古楽研究会(tel:03-3530-6224)までお問い合わせください。

事務局長、お疲れ様でした!

18年の長きに渡りオリゴの事務局長を勤めてくださった鈴木英行さんが、今年3月末をもって退任されました。
創設者鍋島元子が存命中の要町時代から事務局の要として、研究会の運営に関する日常の様々な事、そしてオリゴ会報の編集等、本当に色々な局面で助けてくださいました。

仕事の合間には、趣味である登山のお話を聞かせてくださったり、時々は事務仕事を離れ楽しい時間も共有してきました。

実は自分の親世代の年齢に近い鈴木さん、いつも教室に鈴木さんがいてくださると、何となく気持ちが和んだものです。

先週末、オリゴ講師陣と会員有志で、ささやかながら鈴木事務局長の「お疲れ様会」をやりました。
鈴木さん、長い間私達を支えてくださって、本当にありがとうございました!
これからもお元気で登山を楽しんだり、そしてオリゴの良き理解者、サポーターとして私達を応援してくださいね!!

創設者 鍋島元子と
創設者 鍋島元子と

 



鈴木さんの後任として、すでに事務局で活躍してくださっているのが、小川絢子さんです。
チェンバリスト、そしてバロックダンスの舞踏家でもあります。
とても聡明で優秀な彼女、私達の心強い味方となってくれることでしょう。

今年もヤリさんが来日します!

オリゴの友人としてすでにお馴染みのフィンランド・シベリウス・アカデミー古楽器科教授で、フラウト・トラヴェルソ、リコーダー奏者のヤリ・プハッカ氏が、五月に来日します。

毎年この時期に来日されていて、オリゴでコンサートや公開レッスンをしています。
いつもヤリさんの来日を心待ちにしている、常連のレッスン生の方達もいらっしゃるんですよ!

今年は5月11日(日)にレッスンを予定しています。
トラヴェルソとリコーダー、そしてモダンフルートでのレッスン受講も可能です。
ただし受講曲目はバロック時代の作品に限ります。

受講料は一人12000円/1時間

時間は受講者数により調整します。

興味のある方は、古楽研究会までお問い合わせください。
Tel:03-3530-6224

古楽研究会創設40周年!!

古楽研究会 ORIGO et PRACTICAは今年で創設40周年を迎えました。

1974年、チェンバリスト鍋島元子による創設以来、モットーは『チェンバロを中心に、バロック音楽の生まれた社会的・精神的背景や源泉(オリゴ)をふまえて、これを演奏(プラクティカ)に活かす』

現在の教室がある板橋区中丸町に移転する前は要町、その前は長らく市ヶ谷に教室がありました。
ビルの中の一室にチェンバロが2台と沢山の楽譜に資料や図書。
ここで普段のレッスンや、音楽以外にも色々な分野の方を講師に招き、講座も行ってきたのです。

現在の本拠地は三階建てのビルになり、一階はコンサートもできるスペース、二階サロンでは今も講座やレクチャー、公開レッスンなど、年間を通じて様々なイベントを開催しています。

そして今も昔も変わらないのが、会員達による自主運営。
講師も生徒さん達も、イベントが開催される時は、みんなで協力!

かつては、講師も含めた会員全員が出演するコンサート「バロック名曲発見の会」が、教室のすぐ近くにあるルーテル市ヶ谷センターで開催されていました。

現在活躍中の演奏家の中には、このコンサートでデビューしたという人も少なくありません。
まさに、ここが原点。


40周年の今年、改めて原点に立ち返りオリゴの活動を見つめなおすと共に、これから何ができるのか?を考えていきたいと思います。

記念のコンサートや企画も計画中。
詳細が決まり次第、順次お知らせしていきます。
毎月第3土曜日は教室開放日として、今年度も東日本大震災チャリティコンサートを開催していきます。
どうぞ皆様、中丸町の教室においでください!!


古楽研究会
東京都板橋区中丸町10-1
Tel: 03-3530-6224

今月のチャリティ ワンコイン・コンサート

3月の東日本大震災チャリティ ワンコイン・コンサートのお知らせです。

大震災から間もなく3年が経とうとしています。その年の5月から毎月第3土曜日の午後、Space1Fで開催しているこのコンサートは、今月で第34回を迎えます。
出演はヴィオラ・ダ・ガンバ 奏者の櫻井茂氏です。ガンバだけの音色による1時間のコンサート:14時開演。皆様の思いを被災地へ!
詳細情報掲載ページ: www.space1f.com/charity20140315.html


日時:3月15日(土)14:00~15:00 @古楽研究会Space1F
東日本大震災チャリティ ワンコイン・コンサート#34
~ヴィオラ・ダ・ガンバ 独奏~
<演奏> 櫻井 茂(ヴィオラ・ダ・ガンバ )
<入場料> 500円(募金箱もあり)*すべて義援金として寄付します
<演奏曲>
De Machy 組曲ト長調
J.S.Bach 無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007 ほか
主催:古楽研究会 Origo et Practica 問合せ:TEL.03-3530-7280
詳細、会場案内はSpace1Fサイトから www.space1f.com/

 

オリゴの春&リコーダー・ワークショップ開催

今年も恒例のコンサート【名曲発見・オリゴの春ⅩⅨ】を3月6日(木)に開催します。
2014年は大バッハの次男カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの生誕300年にあたることから、オリゴの春でもチェンバロと彼が愛したクラヴィコード2台による演奏で、その足跡をたどってみることにしました。
出演は加久間朋子と梶山希代。デュオの活動でバッハ家の鍵盤二重奏曲を網羅したCDをリリースしている二人の演奏で、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの多彩な鍵盤作品の数々をお愉しみください。

2014年 3月6日(木)
開場 18:30  開演 19:00
全自由席 前売3200円 当日3500円
会場 東京オペラシティ3階 近江楽堂

予約・お問い合わせは古楽研究会(03-3530-6224)または想楽舎(03-3530-7280)まで。






そして4月から3回連続でリコーダー・ワークショップを開催します。
講師はリコーダー奏者の辺保陽一氏。

【なかなか聞けない基礎テクニック講座2014】

日程と各回のテーマは以下の通りです。
第一回 4月19日(土)  腹式呼吸
第二回 5月17日(土)  運指法と支え指
第三回 6月21日(土)  タンギング
時間は各回17:00~19:00
会場 古楽研究会
受講料 各回3000円  三回通し8100円



こちらの予約も古楽研究会まで。

皆様の参加をお待ちしています!

文流閉店

長年オリゴの新年会を開催してきた、池袋の老舗イタリア料理レストラン《文流》が、来年1月15日で閉店することになりました。

www.ikebukuro-bunryu.com/index.htm

勿論来年もここでの新年会を予定していて、その翌日で閉店なのです!
先週末、文流にうかがい、一足先にオリゴ事務局と講師陣で忘年会をしてきました。








来日演奏家をお連れしたこともある文流。
33年余の歴史がある、このレストランのお料理がもう味わえなくなるのは、とても残念です。

皆さんも、閉店前に是非文流に足を運ばれてみてはいかがですか?