古楽研究会創設40周年!!

古楽研究会 ORIGO et PRACTICAは今年で創設40周年を迎えました。

1974年、チェンバリスト鍋島元子による創設以来、モットーは『チェンバロを中心に、バロック音楽の生まれた社会的・精神的背景や源泉(オリゴ)をふまえて、これを演奏(プラクティカ)に活かす』

現在の教室がある板橋区中丸町に移転する前は要町、その前は長らく市ヶ谷に教室がありました。
ビルの中の一室にチェンバロが2台と沢山の楽譜に資料や図書。
ここで普段のレッスンや、音楽以外にも色々な分野の方を講師に招き、講座も行ってきたのです。

現在の本拠地は三階建てのビルになり、一階はコンサートもできるスペース、二階サロンでは今も講座やレクチャー、公開レッスンなど、年間を通じて様々なイベントを開催しています。

そして今も昔も変わらないのが、会員達による自主運営。
講師も生徒さん達も、イベントが開催される時は、みんなで協力!

かつては、講師も含めた会員全員が出演するコンサート「バロック名曲発見の会」が、教室のすぐ近くにあるルーテル市ヶ谷センターで開催されていました。

現在活躍中の演奏家の中には、このコンサートでデビューしたという人も少なくありません。
まさに、ここが原点。


40周年の今年、改めて原点に立ち返りオリゴの活動を見つめなおすと共に、これから何ができるのか?を考えていきたいと思います。

記念のコンサートや企画も計画中。
詳細が決まり次第、順次お知らせしていきます。
毎月第3土曜日は教室開放日として、今年度も東日本大震災チャリティコンサートを開催していきます。
どうぞ皆様、中丸町の教室においでください!!


古楽研究会
東京都板橋区中丸町10-1
Tel: 03-3530-6224