これまでの講座一覧

第100回目(2000年4月9日)以降の記録です。

No. 日 付 講  師 テーマ
100 00/4/9 牟田口義郎
別宮貞雄
異文化とコミュニケーション
長短調の由来
101 00/6/11 K. バイスヴェンガー J.S.バッハのチェロ組曲の校訂
―アーテュキレーションの問題について―
102 01/3/25 J. プハッカ フルート アンサンブルレッスン
103 01/4/22 E. パーメンティア チェンバロ・レクチャー&コンサート
―J.S.バッハ「平均律」第Ⅱ巻―
104 01/6/10 野村良乍 狂言の笑いについて
105 02/5/25 J. プハッカ レクチャー&コンサート
―18世紀音楽におけるフルート・ダムールとバス・フルート―
106 02/5/26 E. パーメンティア レクチャー&コンサート
―ブルとフィリップスのチェンバロ音楽―
107 02/11/2 鹿島 享 フェルメールの作品における音楽場面
108 02/11/30
02/12/7
野村満男 モーツアルト・ファミリーのクラヴィーア考①②
109 03/11/8
03/11/9
水戸茂雄 ①リュートに於けるプレリュード・ノン・ムジュレ、チェンバロとの比較
②スペイン黄金期の鍵盤とハープ及びビウエラのための音楽
110 04/8/11 R. メニケッティ ミニ・コンサート「フランス組曲」とチェンバロ初・中級公開レッスン
111 04/10/16 神戸愉樹美 チェンバロ演奏に役立つ擦弦楽器の話と演奏
112 05/5/5 E. パーメンティア チェンバロ レクチャー&コンサート
―ウイリアム・バード―
113 05/5/28
05/10/2
照井春郎 ①フィレンツェ・ルネサンス建築ガイド
②ローマ・バロック建築ガイド
114 05/11/20
05/11/23
藤原一弘 ①教会歴を知ろう
②ルネサンス後期からバロック初期のイタリア鍵盤音楽
115 06/10/1 角倉一朗 ゴルトベルク変奏曲
―バッハ、晩年の世界―
116 06/12/4 野村満男 浜松市楽器博物館のオリジナルチェンバロとフォルテピアノ
117 07/7/29 E. バイアーノ レクチャー&コンサート
―ナポリの作曲家を中心に―
118 07/11/23 武久源造 バッハはブクステフーデの対立者か
119 08/7/13 C. アストローニオ チェンバロ レクチャー&コンサート
17世紀イタリアの鍵盤作品について
120 08/9/28 西山まりえ ヒストリカル・ハープとチェンバロ
―歴史的背景を探る―
121 09/7/19 為本章子 J.S.Bachの平均律クラヴィーア曲集第一巻の自筆表紙が語るもの
―18世紀初めの全調揃えの試み―
122 09/10/4 小池耕平 ソナタの誕生 イタリアバロックの誕生
123 10/7/11 山田哲子 ラテン語入門「古典ラテン詩の世界」
―その韻律と朗読―
124 10/10/17 山田 貢 ラウテンクラヴィーアの復元
125 11/10/2 藤原一弘 音楽と修辞Ⅰ
126 12/7/8 E. レジェーヌ J. S. Bachにおける感情表現法、器楽による声楽的表現
127 12/9/30 藤原一弘 音楽と修辞Ⅱ ―声楽から器楽へ―
128 12/11/25 村井頌子 バロックダンス体験
―メヌエットを踊ってみましょう―
129 13/9/22 藤原一弘 ヴェルクマイスターの音楽理論、音律と世界観
130 13/11/3 上尾直毅 ミュゼットによるレクチャー&コンサート
131 14/9/13
14/10/4
桒形亜樹子 チェンバロ奏者の為の旋法入門講座 ①「旋法入門」
②「実際の演奏へのヒント ~ムジカ・フィクタを決める耳」~
132 15/7/5 小川絢子 バロックダンス
133 15/11/3 A. カルットゥネン
R.v  ヘーマート
イミテーションとコンテンポラリー
レクチャー「F.クープランにおけるイミテーション」
コンサート「チェンバロ・ソロとチェンバロ&ギターデュオ」
© 古楽研究会 Origo et Practica All rights reserved